知っているようで知らない‘’めまい‘’について!!どう向き合っていけばよいの?

記事のタイトルとURL をコピーする!
SNSやブログで紹介して頂ければ幸いです m(__)m

めまい イラスト最近母親がめまいで悩んでいます。 安静にしていれば次の日には改善していますが…心配になりますよね?!

お客様や周りの人からもめまいの症状に悩んでいる声は多いのですが、なぜ起きるのかを理解できていない人も多い気がします。

原因が分かっていれば対処や予防もできるので、安心して生活をできるように知識を付けておきましょう!!

めまいの症状ってどんなもの?

めまいの症状は大きく分けると3つのタイプに分けられます。

①回転性めまい:グルグル目が回る

急に発症し、吐き気・嘔吐、耳が聞こえづらくなる(難聴)などの症状を伴う多くは耳の異常が原因で起こります。放っておくと難聴になる恐れがあります。

また、脳出血や脳閉塞と言った脳の異常でも回転性めまいが起こることがあります。

②浮動性めまい:フワフワふらつく

急に、あるいは徐々に症状が現れ、フワフワ揺れる感じと頭痛やしびれ、運動麻痺などの神経に関係する症状を伴うことがあります。

多くは脳の異常が原因で起こります。

③立ちくらみのようなめまい:クラッとする

立ち上がるとクラッとしたり、目の前が暗くなったりするめまいは血圧の変動に関係する全身性の病気が原因として考えられます。

めまいはなぜ起こるの?

私たちのからだには、姿勢のバランスを保つ機能が備わっています。この機能に異常をきたすと、めまいが起こります。
その機能をつかさどる場所のひとつが、です。
そのほかにや神経に異常がある場合、血圧の変動に関係する全身の病気、さらには不安や心配事、ストレスなど、原因はさまざまです。

耳の異常が原因

耳は音を聞く働きのほかに、体のバランスを保つ働きもあります。このため、耳に異常が生じると主に回転性めまいが起こり、耳鳴りや吐き気、嘔吐などの症状が現れるのです。

  • 耳石の侵入:良性発作性頭位めまい症(BPPV)
良性発作性頭位めまい症

出典:http://www.memai-navi.com/img/illust06.gif

頭の位置が変化して内耳にある後半規管が刺激されると、それに反応して、短時間の回転性めまいが生じます。良性発作性頭位めまい症の治療は容易で、耳石を後半規管から元の場所に戻すだけです。

そのためには、頭をとんぼ返りのように動かすことが必要で、この手技は浮遊耳石置換法あるいはエプリー法と呼ばれます。約90%の人は、この手技を1回行うだけで回転性めまいがすぐに治り、もう1回繰り返せば、さらに5%の人が治ります。一方で、回転性めまいが再発する人もいます。その場合は、この手技を繰り返し行います。回転性めまいが再発した場合に備えて、自宅でこの手技を行う方法を習うこともできます。この手技で治らない5%の人には、薬剤が使用されることがあります。

  • リンパの増加:メニエール病
メニエール病

出典:http://www.memai-navi.com/img/illust07.gif

原因は不明ですが、内耳の迷路の炎症あるいは浮腫のために起きるとも言われています。男性は30~40歳代にかけて、女性は30~50歳代にかけて発病する事が多いようです。また精神的なストレスや過労が重なった場合、めまいの発作が起きることがあります。

メニエール病の発作を予防する効果的な方法がないため、心身の安静を保つことが重要です。また発作が起きた時には、室内を暗くして静かに目を閉じて寝ていると、5~6時間以内に症状が軽くなります。薬の使用や手術によって軽快することもあります。

  • 神経の炎症:前座神経炎

前座神経の炎症が原因です。

病因は未詳ですが、ウイルス感染説、血管障害説あるいは脱髄性病態説があります。めまいの発現に先行して7~10日前後に上気道感染症あるいは感冒に罹患していることが多いため、ウイルスによる炎症説が有力とも考えられています。

  • 髄液の漏れ:外リンパ瘻
外リンパろう

出典:http://www.natural-friends.jp/thumb/education/2015/aid06/0306_009-1.jpg

耳の奥の内耳にある窓(正円窓と卵円窓)が普段は常に閉じているものが、何らかの原因で穴が開き、その穴から外リンパ液という液体が中耳に漏れてくる状態をいいます。

日常生活上のありふれた行為が、その原因となり得ます。例えば鼻をかむことや、クシャミ、咳、息んだり、気張ったり、耳抜き、大声を出したり、嘔吐したり、笛やピアニカ、トロンボーンを吹いたり、荷物を持ち上げようとしたり、水の中に飛び込んだり、ジェットコースターに乗ったり、高山へのドライブ、飛行機の離着陸、ダイビング、頭部打撲、むちうち、エアバック作動による胸部圧迫など、数え上げればきりがないくらいです。
また耳掃除をしていて鼓膜を突いたり、平手打ちで耳を叩かれたりした時に鼓膜に穿孔が生じることはよくありますが、その際に外リンパ瘻も同時に生じることがあります。
さらに頭部外傷などの頭蓋骨への衝撃で内耳の窓に穴が開き、外リンパ瘻が生じることもあります.これらは内耳に対する圧変化で生じるものです。

発症早期で外リンパ瘻の原因が明らかな場合には、入院して安静による保存的治療が選択されます。それでも難聴や眩暈・フラツキなどの症状が改善しなければ、鼓室試験開放術という手術で中耳内の卵円窓と正円窓を観察し、その際外リンパ液が流出していれば閉鎖する外リンパ瘻閉鎖術(内耳窓閉鎖術)が必要となることがあります。

  • 中耳の炎症:中耳炎

中耳の炎症が内耳に及ぶと、前庭などの内耳の働きが異常となり、めまいが起こります。

治療は薬物療法が基本ですが、鼓膜切開などの手術療法を行うこともあります。鼓膜切開は、中耳に溜まった液体や膿などを排出するために行います。また、鼓膜に開けた穴に小さなチューブを留置して、中耳に空気が入るような処置を行う場合もあります。

脳の異常が原因

脳内の特定の場所や、運動機能をつかさどる小脳やその近くの脳幹で、血管が詰まったり、出血したり、腫瘍ができたりすると、めまいが起こることがあります。

  • 梗塞・出血:脳卒中(脳出血・脳梗塞)

脳出血は脳の血管が破裂して血のかたまりができ、脳の組織が破壊されます。

一方、脳梗塞は脳の血管がつまってそこから先に血液がいかなくなり、脳の機能が働かなくなるものです。

発症直後は脳浮腫があらわれ、それが脳幹部を圧迫して生命を失うこともあります。まず頭部を冷やしたり薬物を用いるなどして、脳浮腫をとります。

また脳出血では止血剤で出血を止め、脳梗塞では抗凝固剤で血液がかたまるのを防ぐといった、まったく別の治療を行うので、専門医の治療が望まれます。

  • 脳への血流不全:脛骨脳底動脈循環不全症

首から脳へとつながる椎骨動脈と脳底動脈の血液が不足すると、脳に十分な血液が運ばれず、めまいが起こります。

この病気にはいくつかの治療法があります。最初に生活習慣の変更を勧められるでしょう。医師はまた、コレステロールをコントロールしたり、血液を薄めたりする薬を処方する場合があります。これらの方法で効果がみられない場合は、脳の後ろ側への血流を増やすための手術を勧められる場合があります。

  • 腫瘍:脳腫瘍

脳や脳をとりまく組織にできる腫瘍の総称で、複数のタイプがあります。最も多くみられるのは神経膠腫(グリオーマ)ですが、このグリオーマにもいくつもの種類があります。 なかでも神経膠芽腫とよばれるものは増殖のスピードが速く、症状が現れて数か月で危険な状態に陥る場合もあります。

しかしこの場合も早期に治療を開始し、手術で腫瘍を切除できれば、その後の経過は比較的良好です。

  • その他の原因

血圧が急激に変動すると、脳に送られる血液量が不安定になり、めまいが起こることがあります。また、不安や心配ごと、ストレスなどが積み重なった場合にもめまいが起こることがあります。

●高血圧症

血圧が急に200mmHgまで上昇すると、「頭がフーッとする」などのめまい感が生じます。

●低血圧症

脳に届く血液量の減少により、クラッとしたり、気が遠くなったりします。

●不整脈

心臓からの血液の送り出しが一瞬停止することで、脳に届く血液量が減少して、クラッとしたり、気が遠くなったりします。

●低血糖

血液中の血糖量が減少し過ぎると、ふらつくことがあります。

●心因性めまい

不安や心配事、ストレスが続くとめまいが起こることがあります。

めまいは回転性、浮動性など一定ではありません。

ストレスなどの心因や性格などにより、自律神経そのものに影響し、さまざまな症状があらわれます。

めまいに合併する症状はめまいをはじめ、眠れない、食欲がない、肩が凝る、手足がふるえる、便秘になるなどさまざまです。

●頸性めまい

多くの場合、首を回したり、伸ばしたりすると生じるめまいです。これは首の骨や筋肉、靱帯の異常によるものです。

めまいのほか、さまざまな症状を伴うことも少なくありません。

●その他

貧血症、脱水、多血症、糖尿病、高脂血症、自己免疫疾患、炎症性疾患、梅毒、甲状腺機能低下症、過換気症候群、薬剤によるめまい・・・など

めまいが起きた時に心掛ける3つのこと

めまいは生活リズムが乱れたり、ストレスがたまったりすると起こりやすくなります。もしめまいが起こっても、あわてずに対処しましょう。

①安静を保つ

life_33_mika明る過ぎない静かな所で横になり、楽な姿勢をとってください。「激しい頭痛」「手足に力が入らない」「舌がもつれて話しづらい」などの症状がなければ、めまいが軽くなるまで安静を保ちましょう。ただし、これらの症状がみられる場合は、できるだけ早く救急病院を受診してください。

②気持ちを落ち着かせる

life_54_mika不安な気持ちを抱くとめまいが悪化することがありますので、あわてず気持ちを落ち着かせて行動しましょう。

 

③頓服薬を飲む

kusurめまい発作の時に飲むお薬(抗めまい薬、吐き気止め、めまいに対する不安を和らげるお薬など)をあらかじめ処方されていれば服用して下さい。

日常生活でどんなことに気を付ければ良いの?

規則正しい食事をとる

健康的な食事栄養が不足すると血行不良となり、めまいが起こりやすくなります。栄養バランスを考え、1日3食を規則正しくとりましょう。もし、水分や塩分の制限を勧められた場合は主治医の指示に従うようにしてください。

お酒は控えめにする

お酒お酒は脳の機能を低下させるので、めまい・ふらつきが悪化する可能性があります。また、お酒の飲み過ぎは生活リズムを乱す恐れがあります。

コーヒーの飲み過ぎに注意する

コーヒーリラックスする程度に飲むのであれば問題ありませんが、飲み過ぎるとコーヒーに含まれるカフェインの作用によって興奮したり、夜中にトイレに起きたりするようになって眠れなくなることがあります。

タバコは控えめにする

禁煙たばこに含まれるニコチンは血管を収縮させ、血液の循環を悪くするので、めまいが起こりやすくなります。

睡眠は十分にとる

眠る女性睡眠不足が続かないよう、十分な睡眠をとりましょう。また、できるだけ同じ時間に就寝・起床するように心掛け、生活のリズムを整えましょう。

旅行に出かける場合は、事前に主治医に相談する

病院乗り物に乗って窓からの景色を眺めたり、気圧の変化を感じたりすると、神経のバランスが乱れる恐れがあります。事前に主治医に相談してアドバイスをもらいましょう。また、余裕のある旅行日程を計画しましょう。

ストレスをためないように気分転換をする

ジョギングストレスの原因を減らすよう工夫しましょう。また、適度な運動や趣味を楽しむなど、気分転換をしましょう。

記事のタイトルとURL をコピーする!
SNSやブログで紹介して頂ければ幸いです m(__)m

お役に立つ美容と健康記事。フォロー、シェアーお待ちしています♪

ABOUTこの記事をかいた人

LEGOOL(レグール)開発者。 株式会社オスモティックジャパン代表取締役社長。1982年生。順天堂大学スポーツ健康学科卒業後、身体均整法学園入学。2007年「きたの均整院」開院。 ツボや経絡に代表される東洋医学の活用法と、西洋医学の神経系の分布に基づいた運動学、オステオパシーの手技を取得し、ボディーデザイナーの称号を得る。また現在注目のオスモティックセラピーを独自で開発し、ミラノコレクションモデル、日本代表アスリートからの支持を得ている。