もう気にしたくない!!靴を脱いだ時のイヤな臭い

記事のタイトルとURL をコピーする!
SNSやブログで紹介して頂ければ幸いです m(__)m

玄関先

出典:http://kyoto-fukushi.mkg.ac.jp/wp-content/uploads/mt-exchange/smile/images/77%E7%A4%BC%E7%AF%80.JPG

寒くなってきてブーツを履く機会も増えてきました。
忘年会や新年会などのイベントも多くなり、友達の家にあがる時や居酒屋のお座敷席の時に気になるのが、靴やブーツを脱いだ時の足の臭いです。

足の臭いの原因は?

汗が臭うのではない

人の汗腺は「アポクリン腺」「エクリン腺」という2つの汗腺があります。「アポクリン腺」とは乳輪、ワキ、陰部など決まった部分にしか存在しない汗腺で、成分は中性脂肪・アンモニア・脂肪酸などが中心になり、臭いの元になる物質が分泌されます。「エクリン腺」が分泌する成分は、99%が水分で、残り1%は塩分です。つまり臭いの元となる成分はほとんど分泌されません。

足の裏には「エクリン腺」が集中していて、体の中でも多く汗をかく部位です。平均でなんと、一日コップ一杯(約200㏄)の汗をかくと言われています。ですが足の臭いの原因は汗そのものではありません。

足の雑菌が原因

足の裏の皮膚は分厚く、表面の皮膚が剥がれ落ちやすく、それが垢になります。垢は雑菌を繁殖させる恰好のエサになり、さらに皮脂腺からの分泌液や汗が混ざると、あのイヤな臭いを発するのです。具体的には白癬菌やバクテリアが繁殖すると言われています。

白癬菌などの雑菌は湿った場所を好み、「温度15℃以上、湿度70%以上」になると活発に活動、増殖します。この状態で皮膚に白癬菌が付着すると、急速に増殖し、角質層へと侵入し、やがて水虫の症状として現れてくる場合があります。特に靴を履いている足の裏は「湿度90%以上、温度は30℃以上」にもなるといわれているので、白癬菌が繁殖するには好都合なのです。

ストレスなどによる発汗(精神性発汗)

「緊張すると手のひらに汗をかく」のと同じように、足にもこの状態が起こります。つまり緊張や不安、興奮などの精神的なことから症状が表れます。それによって雑菌が繁殖しやすい状況になり、蒸れて臭いが発生してしまうのです。

足の臭いが気になる時の応急処置は?

外出先で靴を脱がなければならなくなって焦るときありますよね?!そんなときに足の臭いを消すための応急処置をご紹介します。

必要なもの:除菌ウェットティッシュ、フットスプレー、履き替え用のストッキング/靴下

除菌のウェットティッシュで拭く

足をふく

出典:https://p.cdnanapi.com/r/2013/03/07/13/20130307134241_51381ac162e9b.jpg?quality=85&size=650

お化粧室に入って、足を拭きましょう。
本当は足を洗いたいのですが、さすがに外出先ではそうもいきません。そこで、足を洗う代わりに、除菌のウェットティッシュで拭くのがおすすめです。ウェットティッシュがなければ、普通のティッシュを水で濡らして拭きます。足の指の間までしっかり拭きましょう

足用消臭スプレーをかける

足のデオドラント素足にも使えるタイプのフットスプレーを、足にスプレーしましょう。足の指の間や土踏まずなどにもしっかりスプレーするようにします。

靴下/ストッキングを履きかえる

足の湿気がしっかり乾いたら、新しい靴下/ストッキングに履き替えましょう。

ストッキング/靴下の上から使える足用消臭スプレーを、ささっとスプレーするだけでも、ストッキングを履きかえるだけでも、もちろん効果はあります。しかし、持続性が頼りないかもしれません。可能な限り、①②③のすべてを行うとよいでしょう。

足の臭いを予防する方法

靴の中の臭い対策

①蒸れにくい靴下を選ぶ

綿とシルクやウール等天然素材の繊維との混紡製品を選びましょう。綿100パーセントの靴下は吸収性には優れていますが、汗の発散性が低く、蒸れやすいのです。そのため、吸収・発散性のバランスが良い混紡製品がオススメです。

靴下

出典:http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/junkhousewest/cabinet/03192836/imgrc0067610860.jpg

②デオドラント効果のあるストッキングを選ぶ

ストッキングをはくときは、デオドラント効果のあるストッキングを選び、外出先では一日2~3回、ストッキングを履き替えることをオススメします。これにより靴の中の湿度を下げ、防臭効果が高くなります。

③5本指ソックスを履く

5本指ソックス

出典:http://www.kk-mikasa.co.jp/shop/5honyubi/201307235.jpg

普通の靴下だと指と指が隣り合う部分の汗が乾きにくいのでイヤな臭いを放つのですが、5本指ソックスだと一本一本の指を覆ってくれるから足の汗を即座に吸収して臭いを防いでくれます。

●靴の手入れをしましょう
①靴はローテーションさせ、陰干しを

スニーカー普段履きの靴を2、3足用意し、毎日履き替えます。履かない日は、屋外の風通しが良い場所で靴を陰干ししてください。

②中敷を入れる
へちまのインソール

出典:http://image.rakuten.co.jp/watase/cabinet/luffas/goods/nakajiki_01.jpg

中敷きは、汗を吸収してくれます。特に「へちま」で出来た速乾性に優れているものや、抗菌加工や緑茶成分が含まれるインソールを使用すると効果的です。中敷も靴と同様に日々ローテーションして使います。

③脱臭剤を使う

市販の脱臭剤を靴の中に入れるのもよいでしょう。また、重層などをガーゼや不要なストッキング等で包み、靴の中に入れるだけで脱臭することが出来ます。

足の手入れをしましょう

①足を洗い清潔にする

石鹸保湿成分が多いボディーシャンプーや石鹸を使わず、殺菌効果の高い固形石鹸、または素足専用シャンプーで足を洗ってください。保湿成分が含まれているシャンプーや石鹸を使うと、必要以上に足が保湿され靴の中で蒸れやすくなります。

また、足を洗うときは、指の間、かかと、くるぶしなどもしっかり洗うようにしてください。とくに、くるぶしの下あたりは垢が溜まりやすく、シャワーで体を洗い流したときの垢も付着しやすい部位です。この部位は、お風呂上がりの前に指で軽くこすって洗い流した方が、垢も柔らかくなっているので汚れも落としやすくなります。

②足の古い角質を落とす

汗と一緒に流れ落ちた古い角質が細菌によって分解されるとあの嫌な臭いが発生します。普段から足専用シャンプーなどで足の手入れをしっかりして、足全体の古い角質を減らしておけば、足の臭いを抑えることができます。古くなった角質は、手で軽くこするだけで簡単に落とせます。また、足が蒸れた状態になると、皮膚表面の古い角質はどんどん脱落して細菌による角質の分解が急激に進みます。こうなると臭いがより強くなるので、足の蒸れには十分に気をつけてください。

③足湯をする

足湯40度以上の熱めのお湯をはり、お酢をコップに一杯いれます。そのお湯の中に足を15分間浸します。これにより足の血行促進、細菌を抑える作用が働きます。また、とくに足の臭いが強い人は、お酢の代わりにお湯にミョウバン水を混ぜて足湯をすると効果的です。

④足の蒸れを避ける

スマホ自宅ではできるだけ素足で過ごしましょう。冬場など寒い季節は靴下を履いてもよいですが、暖かい季節はできるだけ素足で過ごすことで、足の蒸れを防ぎ臭いや水虫の発生を抑えることができます。可能であれば会社やオフィスでもスリッパやサンダルを履くなど、足への通気性をよくしてあげると効果的です。

記事のタイトルとURL をコピーする!
SNSやブログで紹介して頂ければ幸いです m(__)m

お役に立つ美容と健康記事。フォロー、シェアーお待ちしています♪

ABOUTこの記事をかいた人

LEGOOL(レグール)開発者。 株式会社オスモティックジャパン代表取締役社長。1982年生。順天堂大学スポーツ健康学科卒業後、身体均整法学園入学。2007年「きたの均整院」開院。 ツボや経絡に代表される東洋医学の活用法と、西洋医学の神経系の分布に基づいた運動学、オステオパシーの手技を取得し、ボディーデザイナーの称号を得る。また現在注目のオスモティックセラピーを独自で開発し、ミラノコレクションモデル、日本代表アスリートからの支持を得ている。