バレリーナの美脚の秘密は1つ。骨盤底筋をねじってO脚や骨盤を矯正していた。

記事のタイトルとURL をコピーする!
SNSやブログで紹介して頂ければ幸いです m(__)m

バレリーナにO脚は、ほとんど存在しません。
ポッコリお腹もなく、姿勢も正しく、首筋から背筋までがピンと伸びています。
骨盤も締まり、ヒップもキュット引き締まったスタイルですね。
バレリーナのある動きをマネすると、美しいスタイルを誰でも実現することができるのです。 たった一つ同じ動きをマネをすればいいだけです。 美容整体師の視点からみても理由があるんです。
では、バレリーナの美しいスタイルの秘密について探っていきましょう。

バレリーナの美脚スタイル

バレリーナの美脚の秘密は
ターンアウトレッスンにある

Turn outターンアウトとは?

バレエの基礎レッスンに「Turn outターンアウトというバーレッスンがあります。ターンアウトをアンドゥ・オールとも言います。
バレエを始めたばかりの方から、世界的なダンサーでさえこのターンアウトを意識し踊り続けています。
脚を横に開くことをターンアウトと言います。
バレエをやっていない方でもイメージできるクラシックバレエの典型的な姿勢ですね。
ではこのターンアウトとはいったいなんでしょう?
ズバリ「股関節を外向きに開くこと」と定義します。

バレエの基本動作ターンアウト

ターンアウトで美脚アップ効果が、こんなにたくさん!

このターンアウトを繰り返すことでバレリーナのような美脚スタイルが形成されていくと言われています。みるみる悩んでいるスタイルが改善され「体型年齢-15才」を実現させていきます。

  • O脚矯正
  • ヒップアップ
  • 骨盤を引き締める
  • 骨盤底筋を引き締める
  • 美しいS字曲線の姿勢矯正
  • 下半身の代謝アップのためむくみ改善
  • ポッコリお腹がへっこむ
  • 身長が伸びる

ターンアウトで、どうしてO脚が改善された美脚になるの?

O脚は、骨盤底筋のゆるみから”内側へのねじれ“ が原因

O脚形成のメカニズムは、単純に膝が離れた骨格の歪みではありません。
O脚矯正前(下写真の左側)では膝が内側へねじれており、膝の間にすき間があります。
O脚矯正後の写真は膝が正面に向き、両膝間が狭い状態にあります。
O脚は、骨盤底筋がゆるんだ脚の内旋(内側のねじれ)が生じ、O脚形成を作りだしています。

O脚などの足の歪みは内側へねじれてしまったことが原因でO脚形成を作りだしています。
矯正方法は、逆に脚を外へ開く動作を繰り返すことで内側へのねじれが解消し、膝が正面に向いたときに自然とO脚形成がなくなります。
O脚を治そうと無理やり脚を内側へ寄せる人もいますが、それは内側にねじれた状態で寄せようとしていますので、必ず痛めてしまいます。O脚を治すなら、ターンアウトのような足を開く基本姿勢を保持する練習で、脚の内側のねじれを矯正することをおすすめします。

でもバレエ教室に通わなくても、自宅で簡単に美脚にスタイルアップしちゃう!

バレエ教室でターンアウト[Turn Out]レッスン風景

スタイルアップ [レグール

ターンアウト理論を活かしたスムーズな効率性!
誰でも簡単に行えることを想定して開発されたレグールは、スムーズでより骨盤底筋を効率よく引き締める効果がある。

LEGOOL [レグール] 骨盤底筋を鍛えて骨盤の歪みを矯正

 


レグールの底が回転する仕組みとなり、ターンアウト以上に筋力をアップさせるバネが内蔵されています。
香川大学と共同研究を実施し女性に適したバネの強度を選定しています。

通常バレリーナのターンアウトは指導者のもと行わなければ、正しい姿勢が保てません。
しかしレグールを使うことで回転台が正しい股関節の誘導を行い、適切な脚の回旋と姿勢をすることができる画期的な健康器具です。
レグールを使うと、これまでに体感したことのない骨盤周辺の筋肉へのアプローチと矯正されている実感を味わうことができます。

レグールを使用したビフォーアフター

レグールを使用することによりバレリーナのように外へ開く外旋筋を強化することができます。
すると徐々に骨盤がしまり、お尻のたるみがヒップアップされます。
O脚の内側のねじれも矯正され、まっすぐな脚にスタイルアップ。

記事のタイトルとURL をコピーする!
SNSやブログで紹介して頂ければ幸いです m(__)m

お役に立つ美容と健康記事。フォロー、シェアーお待ちしています♪

ABOUTこの記事をかいた人

LEGOOL(レグール)開発者。 株式会社オスモティックジャパン代表取締役社長。1982年生。順天堂大学スポーツ健康学科卒業後、身体均整法学園入学。2007年「きたの均整院」開院。 ツボや経絡に代表される東洋医学の活用法と、西洋医学の神経系の分布に基づいた運動学、オステオパシーの手技を取得し、ボディーデザイナーの称号を得る。また現在注目のオスモティックセラピーを独自で開発し、ミラノコレクションモデル、日本代表アスリートからの支持を得ている。