膝がポキポキ鳴る音はO脚になるサイン!?変形性膝関節症になるリスク3倍増

しゃがむと膝がポキポキ
記事のタイトルとURL をコピーする!
SNSやブログで紹介して頂ければ幸いです m(__)m

Qitano先生

当院(きたの均整院)に来られる患者さんでも膝の痛みを抱えた方は非常に多いです。 特に50代、60代、70代に多く見られます。

しかし、20代や30代、40代の比較的若い年齢層の方でも痛みはないが、膝に違和感を感じる人も多くいます。
それは、しゃがんだときや椅子から立ち上がろうとする時など、膝を曲げたときにポキポキっと音が鳴る症状です。
ポキポキとなる音のことをクリック音とも言います。
痛みはないのに、なぜポキポキ、パキパキ、バキバキ鳴るのか、気持ち悪く感じると思います。
では、今回の記事では、膝がポキポキ鳴る現象について原因と改善方法をご説明していきましょう。

膝がポキポキ鳴る(クリック音)原因は何か?

「気がつくといつの間にか、膝がポキポキと音が鳴るようになった」と30代女性が来院してきました。腫れや痛みはなく、確かにしゃがんでから立ち上がろうとするときにポキポキ乾いた高い音が鳴ります。
膝の状態を診るために、女性の患者さんに直立姿勢で立ってもらいました。すると脚の状態は両膝とも内側にねじれたO脚形成を作り始めていることが一目でわかりました。股関節、膝、足首にかけて内側にねじれた歪みができてきているのです。
O脚は5つのタイプに分類できるのですが、O脚で最も多い歪みのタイプが内ねじれO脚タイプです。

膝が内側ねじれO脚タイプ内ねじれO脚タイプ

股関節(脚の付け根)の内側へのねじれをともなうO脚です。股関節や足首の関節がねじれ、膝は内側を向いています。もっとも多く、またもっとも改善しやすいのがこの内ねじれO脚タイプです。

さらに患者さんのカウンセリングを進めると、最近転職をして一日中パソコンのデスクワークをしているとのこと。
座っているときは、ついつい脚を組んでしうクセがあり、気がついたらO脚気味になって膝がポキポキなる状態になっていたのだそうです。家でテレビを見ながらくつろぐ時の姿勢にも問題がありました。床にぺったんこ座りの姿勢が長く、股関節や脚を内側へねじってしまっていたのでした。O脚になってしまう最も「してはいけないNG姿勢」を2つもしていたのです。
仕事場でも、家でも脚を内側へねじっている姿勢が長く続くことでO脚形成を作り出してしまっていました。
さらにポキポキ音が膝から聞こえるようになった原因として、O脚の骨格の歪みが膝関節で噛み合わなくなってきたためクリック音現象が現れてきたのです。

膝のクリック音をそのまま放置していると、変形性膝関節症になるリスク3倍以上高まる

膝のクリック音(ポキポキ鳴る)は、曲げれば何度でも鳴る方が多いです。
手の指の関節がポキポキと鳴ることは、良くあることですが、その音質と膝のクリック音の音質は異なります。
手の指で鳴る音は、気泡がはじけた音で、膝で鳴るクリック音は、まさに関節の歯車が噛み合わずに骨と骨がズレ合う音です。
何度も繰り返してしまうと膝関節の軟骨が磨り減ってしまい、痛みが発症します。
特に多いケースは、内側の軟骨が磨り減ってしまい、曲げ伸ばしの際の痛みも内側に出てきます。
膝に炎症を起こし、水が溜まってきます。病院で注射器をつかって膝に溜まった水を抜かなくてはなりません。その水は、さらさらとしたものではなく、どろっとした黄色い液体です。

膝関節症の関節液

膝関節症の関節液

米テキサス州のベイラー医科大学チームが、クリック音の頻度の多いほど、将来、変形性膝関節症のリスクが3倍に高まるという研究をまとめた。(米医学誌「Arthritis Care&Research」(電子版)の2017年5月4日号に発表)変形性膝関節症になってしまうと膝の痛みを伴い、最悪の場合歩くのが困難になるとなり、手術をしなくてはなりません。

変形性膝関節症とは、
膝の関節の軟骨の質が低下し、少しずつすり減り、歩行時に膝の痛みが出現する病気です。
40歳以上で「膝の痛み」でお悩みの方は全国で800万人(推定)。その大部分は、変形性膝関節症によるものです。
O脚の変形性膝関節症

O脚の変形性膝関節症

膝のクリック音をなくすためには、O脚エクササイズで骨格をもとの位置へ戻すのが近道

では、膝のクリック音で悩む方のために、どのようにすればクリック音を抑えられるのかをお答えしたいと思います。
まず前述でも述べましたように膝のクリック音は、日頃の姿勢などでO脚形成を作ろうとした結果骨格の歯車が噛み合わず関節がずれた音です。クリック音がある状態はまだ、対処できます。クリック音の改善方法として3つの方法をご紹介します。

O脚矯正エクササイズでO脚の歪みを整える

O脚を矯正できれば、関節がすれることはなくなり、自然とクリック音もなくなります。
一番効果的にO脚を改善できるのが、私が開発したレグールを使っていただくことをおすすめします。

自分で行うエクササイズとしてはゴムとタオルを準備してください。
①タオルを床に広げて置く
②その上に立ち、ゴムを巻く
③ゴムの負荷を感じながら、足を左右に広げる
・これを10回×2セット行います。
・膝は伸ばしきったまま行ってください。膝が曲がると効果が薄れます。
・臀部(お尻)に効いている感じがあればOKです。

O脚矯正の歩き方を行う。

歩き方を変えて、正しい重心でバランスの取れた筋肉をつけていくことが大切です。
日常的に行う歩行を、正しい歩き方に変えるだけでも効果は期待できます。
O脚を改善させる歩き方に関する記事は以下のページを参考にしてみて下さい。

日頃の姿勢に気をつける

O脚を作ってしまう姿勢である猫背やよこ座りぺったんこ座り、脚を組むことは絶対にやめましょう。
この姿勢を繰り返していては、O脚エクササイズをいくらがんばったとしても治ることはありません。
日頃の姿勢の悪さが、O脚や膝のクリック音の大元の原因ですから姿勢を正して日常生活を送ることに気をつけましょう。

既に変形性膝関節症の診断を受けている方は、周りの筋肉をほぐす

もう既にお医者さんから変形性膝関節症の診断を受けている方も読んで頂いているかもしれません。
程度にもよりますが、軽度の変形性膝関節症であれば自力で改善させることは可能です。
また、このセルフマッサージはクリック音を改善できるマッサージでもあります。

膝周りの筋肉をマッサージとストレッチ

膝裏マッサージ

膝裏マッサージ

膝裏マッサージ

膝裏にゴルフボールほどのコリコリとしたしこりができます。お風呂に入っているときなど、体育座りの姿勢から膝裏を親指でゆっくりほぐしてください。膝の曲げ伸ばしが楽になります。

膝がしら回し

膝がしら回し

膝頭(膝小僧)

膝のお皿を手で持ち、右に左に上に下に動かしてください。お皿が滑らかに動けば動くほど、膝年齢が若いということです。
痛くない程度に動かしてみてください。

膝裏のふくらはぎ、アキレス腱ストレッチ

ふくらはぎ、アキレス腱ストレッチ

ストレッチケア

アキレス腱、ふくらはぎ、太もも前(大腿四等筋)のストレッチもかなり有効ですが、これは痛みがある場合は無理をせずに行ってください。

 

 

歩行困難な重度の変形性膝関節症を発症した場合

医師と相談し、骨切り手術もしくは人工関節手術等の手法で治療を行っていくと思います。
当院でも重度の変形性膝関節症を持ち、医師から手術の勧めをこばみ80歳まで我慢してこられた方がいます。
やはり現在では手術を受ける体力もなく歩けなくなり、ベッドと車椅子の生活になります。
重度の変形性膝関節症と診断を受けた70代前半で手術を受けていれば、80代も自分の足で楽しく人生を送れていたかもしれないと感じます。

まとめ:膝のクリック音が出たら放置せずにケアすることで、変形性膝関節症の発症を抑制できる

膝に違和感を感じたり、クリック音が鳴ったときは、放置せずに膝周りのケアをすることを強くおすすめいたします。膝を痛めてしまうと筋力が低下し、O脚や姿勢が悪くなる、歩けなくなり仕事や遊びに支障をきたします。膝のクリック音は、変形性膝関節症のサインと考えていただき上記で述べたような健康予防をできる範囲で少しずつ行ってみてください。少しでも長く自分の足で人生を楽しんでいただくためにも

記事のタイトルとURL をコピーする!
SNSやブログで紹介して頂ければ幸いです m(__)m

しゃがむと膝がポキポキ

お役に立つ美容と健康記事。フォロー、シェアーお待ちしています♪

ABOUTこの記事をかいた人

LEGOOL(レグール)開発者。 株式会社オスモティックジャパン代表取締役社長。1982年生。順天堂大学スポーツ健康学科卒業後、身体均整法学園入学。2007年「きたの均整院」開院。 ツボや経絡に代表される東洋医学の活用法と、西洋医学の神経系の分布に基づいた運動学、オステオパシーの手技を取得し、ボディーデザイナーの称号を得る。また現在注目のオスモティックセラピーを独自で開発し、ミラノコレクションモデル、日本代表アスリートからの支持を得ている。