LEGOOLのデザイン担当は、トヨタ初期型エスティマのデザイナー

記事のタイトルとURL をコピーする!
SNSやブログで紹介して頂ければ幸いです m(__)m

デザイン性=機能性=ユニーク

レグールの開発において、機能性はもちろんのこと、デザイン性もとても重要視してきました。
従来の健康器具のようなバネがむき出しではなく、
女性の部屋に置いてあっても、場所をとらず、さりげなくかわいさを求めたデザインを求めました。
開発の整体師 北野にとってデザインは、ものづくりの重要な要素でもあります。
商品のデザイン性を高めることができれば、おのずと機能性も高まりユニークなものづくりができると信じて励んでいるからです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

松熊氏との出会い

製品デザインと機構設計では、プロダクトデザイナーとして実績のある松熊伸幸氏の協力を得ながら共同開発を行いました。
松熊氏は、これまでもトヨタ車体株式会社 開発部デザイン室にて自動車の外形デザインを担当するなど高い評価と実績を持っています。
何度も試作品をつくっては、微調整を繰り返しようやく今のレグールの形に完成しました。

レグール設計

共同開発風景

Profile image

●プロフィール/九州産業大 学芸術学部デザイン学科インダストリアルデザイン専攻卒業。 83年~トヨタ車体株式会社にてトヨタ車の外形デザインを担当。92年~九州松下電器株式会社  開発研究所デザインセンターにて国内家電製品の企画~デザインを担当。98年~M2DESIGN設立。 ●実績/プロダクトデザイン、パッケージデザイン、自動車ショーモデルのデザイン、空間デザイン。 ●受賞歴/87年ライトエーストラック、90年エスティマ、93 年カルディナ、 93年カ リーナセダンにてグットデザイン賞受賞。

松熊氏との共同開発で実現したデザイン要素

①女性らしい流線型デザイン
②場所をとらないコンパクトデザイン
③シンプルな構造と安全使用

記事のタイトルとURL をコピーする!
SNSやブログで紹介して頂ければ幸いです m(__)m

お役に立つ美容と健康記事。フォロー、シェアーお待ちしています♪

ABOUTこの記事をかいた人

LEGOOL(レグール)開発者。 株式会社オスモティックジャパン代表取締役社長。1982年生。順天堂大学スポーツ健康学科卒業後、身体均整法学園入学。2007年「きたの均整院」開院。 ツボや経絡に代表される東洋医学の活用法と、西洋医学の神経系の分布に基づいた運動学、オステオパシーの手技を取得し、ボディーデザイナーの称号を得る。また現在注目のオスモティックセラピーを独自で開発し、ミラノコレクションモデル、日本代表アスリートからの支持を得ている。