生理痛から解放されるために…注意するべき4つのこと

記事のタイトルとURL をコピーする!
SNSやブログで紹介して頂ければ幸いです m(__)m

女性の皆さんは毎月生理がくるたびに憂鬱になっていないでしょうか?!ひどい方では生理痛で起き上がれなくなることもあるようです。毎月の辛い生理痛に悩みたくないと思っている方は多いですよね?そこで今回は、多くの女性の悩みである生理痛を改善していく方法についてご説明します。

出典:http://www.skincare-univ.com/images/articles/4687/140701_4687_0623_333_250.jpg

出典:http://www.skincare-univ.com/images/articles/4687/140701_4687_0623_333_250.jpg

生理痛の原因

たくさんの女性が悩んでいる生理痛。その生理痛の多くは「体の冷え」「骨盤の歪み」が原因となって生じています。体が冷える事で血流が悪化し、子宮の機能を低下させます。また、骨盤の歪みは骨盤周りの血流を悪くして子宮の機能を低下させるので、生理痛をさらに悪化させてしまいます。そして血流が悪化したり、子宮の機能が下がってしまうと、生理時に経血をスムーズに排出できず生理痛の痛みを悪化させてしまいます。
生理痛は子宮が収縮することで起きる痛みですが、腸とはちょうど隣同士にあり、どちらかが不調だとどちらかにも影響し、また痛みを共有してしまうようなところがあります。
生理が起こるたびにお腹の調子が悪くなり、トイレに籠ったりするのは、子宮が活発に動くために腸が刺激されて引き起こされます。また これとは逆に 生理痛の酷い方は、特に便秘を引き起こしていることが多いようです。 便秘によるガスでお腹が張ってしまっているため、子宮を圧迫するからという理由と、便秘になるような体質なため、新陳代謝が悪く、血流が滞り、生理痛につながるということが言われています。

生理痛を改善する4つのポイント

①体を温める

生理痛を改善するには、生理中だけでなく常に体を温かく保つ事が大切です。体を冷やさず温かく保つために心がける行動をご紹介します。

●入浴

シャワーだけの方も多いですが、体を冷やさないためには出来る限り毎日湯船に浸かりましょう。入浴は、体の芯まで温める事がポイントです。熱めのお湯だと体が温まりきる前にのぼせてしまうので、芯まで温めるために 少しぬるめのお湯にゆっくり浸かりましょう。
生理中でお風呂に入るのは…という方は、足湯で足先を温めるだけでも効果的です。

出典:http://s.eximg.jp/expub/feed/Woman_woman/2012/E1353554425106/E1353554425106_2.jpg

出典:http://s.eximg.jp/expub/feed/Woman_woman/2012/E1353554425106/E1353554425106_2.jpg

●体を冷やさないための服装をする

服装によっても体が冷え、生理痛を悪化させる原因となります。改善するためには、体を冷やさない服装を心がけましょう。
・カーディガンや、パーカー、ストールなどを羽織る
・長いパンツやレギンスなどを履く
・靴下を履く
・腹巻きを巻く
・締め付けのないゆったりした服を着る
肌の露出が多い服は体を冷やしやすいので、なるべくカーディガンなどを羽織ったり長いパンツやレギンスなどを着ましょう。特にお腹や足など、下半身の冷えは子宮を冷やし生理痛を悪化させやすいので、ミニスカートやお腹を出すファッションは控えて、腹巻きや靴下などを履くと良いでしょう。
体を締め付ける服やサイズの小さい服は、血の巡りが悪くなり生理痛を悪化させてしまいます。タイトなジーンズやガードルなどはあまりおすすめ出来ません。締め付けの少ないワンピースなど、出来るだけゆったりした服を選ぶと良いでしょう。

出典:http://hadalove.jp/wp-content/uploads/2015/06/2774ed0bba34109642f4429b2b95cbc1-e1434959616376.jpg

出典:http://hadalove.jp/wp-content/uploads/2015/06/2774ed0bba34109642f4429b2b95cbc1-e1434959616376.jpg

●体を温める飲み物をこまめに飲む

生理痛がひどい方や体の冷えが特に気になる方は、普段から温かい飲み物を飲むように心がけましょう。
・ハーブティー
・生姜湯
・ごぼう茶
・黒豆茶
・ココア
この飲み物は血行を促して体を温めてくれます。少し熱めのお湯で淹れましょう。
こまめに温かい飲み物を飲むように意識すれば、体を温かく保つ事が出来ます。

出典:http://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2015/03/7c0fcaf335a5540ab94fc35c26557191.jpg

出典:http://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2015/03/7c0fcaf335a5540ab94fc35c26557191.jpg

●適度な運動をする

運動不足は、全身の血流を悪くして冷えを引き起こします。ウォーキング・ジョギングなどの有酸素運動をする事で、全身の血行を促し体を温めます。1日に20~30分程度が理想的です。運動の時間が取れない方は、なるべく階段で昇り降りするように心がけたり、出かける際や帰宅する時に1駅分歩いたりすると良いでしょう。

出典:http://www.baazauq.com/img/e30e9419.jpg

出典:http://www.baazauq.com/img/e30e9419.jpg

②腸内環境を整える

生理痛で便秘が酷い方は、まず、便秘を治す食生活を意識してみましょう。 生理中は、食物繊維を食べて排便を促すようにします。 常日頃から腸内環境を整える食べ物を積極的に摂るようにして、腸の中の善玉菌を増やすように心がけましょう。

●便通や下痢の調子を整える食物繊維

食物繊維には、水に溶ける水溶性と溶けない不溶性があります。
実は、不溶性ばかりを摂取しすぎると便秘で便が詰まっているうえに食物繊維をどんどん山積みにしていってしまって結局は余計に詰まらせてしまうだけという、危険もあるのです。水溶性の食物繊維をバランスよく含んだものがおすすめです。中でもバナナは、水溶性食物繊維、不溶性食物繊維を含む上に、フルーツなので水分もあります。バナナをミキサーでジュースにして摂取するのもおすすめです。
・こんにゃく
・バナナ

出典:http://www.sanshikai.net/ukima/images/food_seni2.gif

出典:http://www.sanshikai.net/ukima/images/food_seni2.gif

●腸内環境を改善し、善玉菌を増やす食品

乳酸菌は、腸の中で私たちのために働いてくれるパートナーです。たくさんいますが、毎日少しずつでも増やしてあげるのが理想的です。発酵食品や乳製品を摂取して増やしてあげましょう。
・ヨーグルト
・納豆
・チーズ
・味噌

出典:http://www.karada-navi.com/wp-content/uploads/2013/02/Fotolia_44789520_XS.jpg

出典:http://www.karada-navi.com/wp-content/uploads/2013/02/Fotolia_44789520_XS.jpg

③骨盤の歪みを治す

骨盤の歪みは骨盤周りの血流を悪くするので、体全体にも冷えが生じます。子宮の機能も下がってしまうため、生理痛が悪化してしまうのです。
~生理痛を悪化させる姿勢~

生理痛を悪化させてしまう姿勢をしていると、重心が偏って骨盤の歪み引き起こしてしまいます。骨盤の歪みを悪化させないために、出来る限りこの姿勢はしないよう心がけましょう。
・足組み
・長時間の同じ姿勢
・猫背
・前かがみの姿勢
すでに悪い姿勢がクセになっている事もあるため急に姿勢を変える事は難しいかもしれませんが、まずはこの姿勢をしないように意識する事から始めると良いでしょう。

●ストレッチをする

★骨盤まわし

出典:http://lovemo.jp/wp-content/uploads/2015/04/xIMG_038.jpg.pagespeed.ic.9D6TxPdCWC.jpg

出典:http://lovemo.jp/wp-content/uploads/2015/04/xIMG_038.jpg.pagespeed.ic.9D6TxPdCWC.jpg

手順1:まっすぐ立ち足を肩幅に開く
手順2:手を腰に当て、左右それぞれ10回ずつ腰を回す
(※上半身・足は動かさず腰だけを動かすように意識してください)
左右各10回を1セットで、5~10セット程度行いましょう。

★骨盤ウォーク

出典:http://hadalove.jp/wp-content/uploads/2015/04/a90f39c54bdb11936de673669c266740-300x192.jpg

出典:http://hadalove.jp/wp-content/uploads/2015/04/a90f39c54bdb11936de673669c266740-300×192.jpg

手順1:足と背中を伸ばして座り、腕は胸にクロスにする
手順2:左右のお尻で10歩ずつ、前に歩く(骨盤を動かして歩く事を意識してください)
手順3:終わったらそのまま左右10歩ずつ後ろに歩く(体の向きは変えません)
前後をやって1セットとして、2~3セット行いましょう。

★骨盤つきだし

c

出典:http://hadalove.jp/wp-content/uploads/2015/04/e58ec3e178ff6ca878f92992daee83c4-300×149.jpg

手順1:仰向けに寝て、手を体の横につける(手の平は床につけます)
手順2:膝を立ててお尻(骨盤)を上にあげて約1分キープ
手順3:1分キープしたら ゆっくりお尻を下ろして脚を伸ばす
これを3回程度繰り返します。

●骨盤矯正の施術を受ける

骨盤矯正は自分でもできますが、最初に整体などで歪みをみてもらうのもオススメです。どちらに歪んでいるのか、開いているのかどうかを診てもらう事ができます。自分の体型は自分ではわかりにくいものです。きちんと診てもらい、正しい方法で骨盤矯正してもらう事で、早く矯正されていきます。さらに普段の生活での姿勢なども正してもらったりするので、早く効果が出てくるでしょう。

④つぼ押しをする

ツボ押しは、痛みの緩和に即効性があるとされています。さらに痛みがない時も継続して行う事で体質を強くし、生理痛改善が期待できます。

●血海(けっかい)

出典:http://konenki-iyashi.com/img/kekai.png

出典:http://konenki-iyashi.com/img/kekai.png

腰痛・下腹部痛の改善に効果的とされています。生理不順や冷えによる体のコリ、イライラの解消にも良いツボです。
位置:膝の内側の 足を伸ばした時にへこむ所から指3本上にあります。
押し方:両手の親指を重ね、少し痛いくらいの強さで3秒程押します。
“3秒押して離す”を3分程度繰り返します。

●合谷(ごうこく)

出典:http://img01.ti-da.net/usr/n/a/g/nagomi1/%E5%90%88%E8%B0%B7.jpg

出典:http://img01.ti-da.net/usr/n/a/g/nagomi1/%E5%90%88%E8%B0%B7.jpg

全身の痛みを和らげる事から“万能のツボ”と呼ばれています。手足の冷え・体のコリ・下痢・むくみの改善、気分を落ち着かせるのに効果的です。
位置:手の親指と人差し指の骨が合わさった場所から少し人差し指寄りにあります。
押し方:ツボを押す逆の手の親指を合谷へもっていき、人差し指の骨の下側に親指をもぐりこませるようにあてます。※ツボを押される手は力を抜いてください。

記事のタイトルとURL をコピーする!
SNSやブログで紹介して頂ければ幸いです m(__)m

お役に立つ美容と健康記事。フォロー、シェアーお待ちしています♪

ABOUTこの記事をかいた人

LEGOOL(レグール)開発者。 株式会社オスモティックジャパン代表取締役社長。1982年生。順天堂大学スポーツ健康学科卒業後、身体均整法学園入学。2007年「きたの均整院」開院。 ツボや経絡に代表される東洋医学の活用法と、西洋医学の神経系の分布に基づいた運動学、オステオパシーの手技を取得し、ボディーデザイナーの称号を得る。また現在注目のオスモティックセラピーを独自で開発し、ミラノコレクションモデル、日本代表アスリートからの支持を得ている。