もう二度となりたくないぎっくり腰。寒い時期こそしっかり予防ケアしよう!!

記事のタイトルとURL をコピーする!
SNSやブログで紹介して頂ければ幸いです m(__)m

寒波エルニーニョ現象の影響でこの冬は暖冬だと言われていましたが・・・今週は記録的な大寒波が襲いましたね?!沖縄では観測史上初の雪(みぞれ)が観測されたようです。 急に寒くなると体もいろんな所が不調を感じやすくなります。頭痛、肩こり、腰痛、膝の痛みなど・・・中でも、この時期心配になるのがぎっくり腰です。 ぎっくり腰は『急性腰痛』『椎間捻挫』とも呼ばれ、せきをしたり、中腰で重いものを持ったはずみに、いきなりグキっという衝撃と共に腰が強烈な激痛に襲われ動けなくなる症状です。腰椎が瞬間的にずれてしまい、腰の筋肉が負荷に耐え切れずに炎症を起こしてしまっているのです。ぎっくり腰と呼ばれるものは、検査をしても椎間板や骨格組織にも異常が認めらないし、神経痛も発症しません。こうして、目立ったものがないにも関わらず、腰痛の症状がある場合には、ぎっくり腰や急性腰痛、椎間捻挫などの症状名がつけられることになります。 中高年の人に多くみられる症状だと思いがちですが、20代や30代の若い層の人達にも増えています。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰はどうしたら起きるといったはっきりした理由がありません。原因は様々で、ぎっくり腰になる人の数だけ原因があると考えた方がよいでしょう。その中でも原因は3つ挙げられますが、根本的な原因になっているわけではなく、様々な要因が絡みあいぎっくり腰という結果になっているのです。

また、体重や筋肉のパランスや生活習慣、または生活環境、体質なども考えられます。

①筋肉疲労

健康的な食事ぎっくり腰は突然起こりますが、症状としていきなり表れるだけで、ゆっくりとその原因となるものは進行しているのです。 中腰で荷物を持上げようとした瞬間に激痛が走ったり、よろめいてちょっと片足を勢いよくついてしまった瞬間などにぎっくり腰になりやすいですが、日常の中で同じ動作をしても平気だったのに、ある瞬間にぎっくり腰になってしまうのです。これは、少しずつ溜め込んだ筋肉疲労が、あるとき負荷の許容量を超えてしまい、腰痛として発症してしまったと言えるでしょう。 日常生活を送る中で筋肉疲労は必ず起こりますが、人間はそれを回復するメカニズムを持ち合わせています。しかし、睡眠不足や栄養バランスが取れていなかったり、運動不足や座りっぱなしの仕事を続けるなどしていると、筋肉疲労が回復することなく徐々に蓄積されていき、やがて腰痛を招いてしまうことになるのです。

②骨格の歪み

デスクワーク私たちの日常を振り返ってみると、立ちっぱなしの仕事や座りっぱなしの仕事に就いていると、長時間限られた姿勢でいることが多いでしょう。こうすることで、身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉だけを使うことになってしまいます。そうして、使われている筋肉には負荷がかかり、使われていない筋肉は少しずつ緩んでいきます。こうしたことが筋力のアンバランスを生み出し、骨格の歪みを招いてしまいます。 歪んだ骨格は左右のアンバランスを生み出し、その周囲の筋肉への負荷に変わります。身体のバランスをとろうとする代わりの筋肉にも徐々に筋肉疲労が蓄積され、やがて腰痛につながるのです。

③いきなりの過負荷

塀から飛び降りる若い人やスポーツ選手に多い原因の1つで、高いところから飛び降りた着地の瞬間や、勢いよく振り返った瞬間、横になっていて勢いよく起き上がった時など、止まっている状態からいきなり動いた時や、動きの急激な切り替えの時に、腰にいきなりの過負荷がかかり、ぎっくり腰を起こしてしまいます。

ぎっくり腰になりやすい人の傾向

①同じ姿勢で長時間いることが多い人

  • 運動不足運動不足で身体をあまり動かさない
  • 車の運転をすることが多い
  • 寒いところに長時間いることが多い

②腰に負担がかかる習慣がある人

  • 靴太り気味で体重が多い
  • ハイヒールを履くことが多い
  • いつも同じ肩にかばんをかける
  • 足を組む癖がある

③腰に負担をかける動作が多い人

  • 荷物を運ぶ重い荷物を持ち運ぶ機会が多い
  • 腰を曲げたりひねったりすることが多い

また、精神的なストレスが溜まりやすい人も、ぎっくり腰になりやすいといわれています。なぜなら、精神的なストレスを感じていると筋肉がこわばりやすいからです。

 

ぎっくり腰の予防のポイント

 

 

 

①腰に疲れをためない

●こまめにストレッチをする

pixta_4791165_S-570x379腰の筋肉が凝って固まると、疲れがたまりやすくなるので、こまめに腰の筋肉をほぐしてあげましょう。

●体を冷やさないように温める

カイロ身体が冷えてしまうと、筋肉が硬くなって固まってしまいます。特に冬などの寒い季節は身体が冷えがちなので、カイロなどを利用して背中や腰の筋肉が冷えないように温めましょう。

●ストレスをためこまない

叫ぶ女性ストレスがたまることでも筋肉は凝り固まってしまいます。自分なりのストレス発散方法を用意しておきましょう。

②膝を使って腰の負担を減らす

●床に落ちたものを拾うときは、腰を折り曲げずにひざを曲げて屈み、上半身は伸ばしたままにしておく。

●重いものを持ち上げるときは、胸を張った状態で、ひざの曲げ伸ばしを使って荷物を持ち上げる。

ぎっくり腰

ぎっくり腰の対処法

①激痛で動けない時は「安静」と「アイシング」

ぎっくり腰が発症してすぐは、炎症をおさえることが第一です。腰をむやみに動かさず安静にして、しっかりと休みましょう。

●まずは無理せず安静にする

life_33_mikaぎっくり腰で激痛を感じているときは、安静にするのが一番です。痛みが楽になる格好で横になりましょう。仰向けの場合はヒザの下に枕などをかませたり、横向きの場合は腰を丸めたりすると、腰の負担が減って楽になります。

●炎症を抑えるためにアイシング(冷却)する

湿布ぎっくり腰は腰の捻挫(ねんざ)です。ねんざすると炎症を起こすため、腰をアイシング(冷却)しましょう。冷却湿布を貼るのがオススメです。

●コルセットなどで腰を固定し腰への負担を減らす

コルセットコルセットなどで腰を固定すると、腰への負担が減り、痛みが軽くなります。  

※激痛の時の注意点

  • ぎっくり腰が発症したばかりで激痛で動けない時期は、腰への血流が増える行動は炎症をひどくするので避けましょう。そのため、以下の行動は痛みがおさまるまでは控えてくださいね。
  • 飲酒をしない
  • 入浴しない(浴槽につかる)
  • マッサージをしない
  • 無理な運動をしない

②痛みが和らいできたら、日常生活程度に腰を動かし、身体を温める

次は、ぎっくり腰の激痛がおさまり、少し動けるようになってからの対処法です。ここで重要なのは「日常生活程度に腰を動かすこと」と「身体を温めること」です。

●なるべく普段通りの生活を送る

スマホぎっくり腰だからといって数週間身体を動かさずにいると、かえって治りが悪くなってしまい、ぎっくり腰が再発しやすくなります。激痛がおさまって動けるようになったら、少しずつ、普段通りの生活に戻していきましょう。

●腰を温める

バスタイム激痛がおさまると、炎症もひいてきます。そうなったタイミングで、次は血流を良くするために腰を温めましょう。温熱タイプの湿布を貼ったり、お風呂にゆっくりと浸かるのがオススメです。 ただし、お風呂に浸かって痛みが強くなったときは、炎症がまだ残っている可能性があるので、すぐに湯船から出るようにしてください。

●必要に応じて痛み止めの薬を服用する

kusur痛みが気になって寝たきりの期間が増えてしまうと治りが遅くなります。必要に応じて痛み止めを活用しつつ、身体を動かしましょう。もし、あまりにも長く痛みが続いている場合は、ぎっくり腰以外の症状の可能性もあるので、医療機関に相談してください。

●無理のない範囲で腰痛体操をする

まず仰向けに寝て、足の裏を床につけて、ヒザを曲げつつ、ゆっくりとヒザを左右に倒します。そして次にヒザを抱え込みます。これを何度か繰り返しましょう。どちらの動きも、少し痛いと感じる程度までにしておくことがポイントです。

腰痛体操

出典:http://nurse-riko.net/wordpress/wp-content/uploads/2015/10/20151030_ill2.png

※痛みが和らいでからの注意点

  • 飲酒はしない
  • アイシングはしない
  • 以上がぎっくり腰になってしまったときの対処法です。基本的には、ぎっくり腰は「安静にして回復を待ち、回復してきたら動く」というシンプルな対処法で回復します。ぎっくり腰になると激しい痛みがあるので、ちゃんと治るか心配する人が多いですが、対処法をきちんと行えば、多くの場合は数週間でよくなりますので安心してください。

もし、「ぎっくり腰を早めに治したい!」という方はプロに相談してみるといいでしょう。しっかり診てもらいたいと思ったら、まずは整形外科に行きましょう。整形外科の場合、レントゲンを使って検査してもらうことができるので、ほかの病気ではないという確認もとれて安心だからです。そこで「やっぱりぎっくり腰です」と診断されたときは、医師の指導に従ってください。また、ぎっくり腰の痛みが和らいできた時期なら、腰の回復を早めるために整骨院や接骨院、鍼灸院などに行くのもオススメです。腰周辺の筋肉の緊張をほぐしてもらえるだけでなく、骨のゆがみを整えてもらえるので、腰の回復を早めることができます。ゆがんで固まっている体だと血液の循環も悪く、栄養も細胞に行きとどかないので体の治りが遅くなるのです。ぎっくり腰をしてから痛みは大体とれたけど腰の調子が良くない場合あります。この時、腰の痛めた筋肉の炎症は治まってもゆがみが残っているから体がうまく動かせない可能性があります。ぎっくり腰が癖になっているとか、毎年いつもぎっくり腰を起こしている人もいますが、それはぎっくり腰が癖になっているのではなくて、その方の日常生活の体の方にゆがんでる癖が残っていて、体に負担が毎回かかるためにどうしても繰り返してしまうと考えられます。?寒くなると増えるぎっくり腰、もう2度と辛い思いをしたくないですよね?!ぎっくり腰になる前に体のゆがみをとり体のケアしておきましょう!!kotsuban-kyosei

記事のタイトルとURL をコピーする!
SNSやブログで紹介して頂ければ幸いです m(__)m

お役に立つ美容と健康記事。フォロー、シェアーお待ちしています♪

ABOUTこの記事をかいた人

LEGOOL(レグール)開発者。 株式会社オスモティックジャパン代表取締役社長。1982年生。順天堂大学スポーツ健康学科卒業後、身体均整法学園入学。2007年「きたの均整院」開院。 ツボや経絡に代表される東洋医学の活用法と、西洋医学の神経系の分布に基づいた運動学、オステオパシーの手技を取得し、ボディーデザイナーの称号を得る。また現在注目のオスモティックセラピーを独自で開発し、ミラノコレクションモデル、日本代表アスリートからの支持を得ている。