スポーツ選手がスランプを破り、最大パフォーマンスを発揮する方法は姿勢を正す

姿勢の良い野球選手
記事のタイトルとURL をコピーする!
SNSやブログで紹介して頂ければ幸いです m(__)m

今、スポーツで汗を流していますか?
私も学生時代は、中学~大学4年まで陸上競技のやり投げに励んでいました。かなりマイナースポーツですよね。
でもそのやり投げを通じて、スポーツ(運動)には姿勢が大切だと学びました。
大学2年の春、冬季練習も終わり、陸上競技の本格シーズんに入った頃です。
ウェートトレーニングで筋肉は大きくなったのですが、練習でも試合でも記録が伸びませんでした。
伸びないというより、下がっていました。
どんなにがむしゃらに投げても、自己記録からは程遠く、ただチカラ任せに投げて試合に臨んでいたのです。

記録が伸びないスランプから抜け出すには、基本の姿勢を改善する!

私の経験上、スランプに陥ったとき、気持ちは相当焦ります。
高校生の時も記録に伸び悩む時期がありました。でも大学生だった頃は違いました。
1つ冷静に自分を見つめなおすことができたのです。
もう一度基本に返り、自分の身体、姿勢、バランス、フォームを見つめなおしました。

そして自分に合った姿勢やフォームを見つけ出しそれを毎日毎日、繰り返し意識して改善することで記録が大幅に伸びたのです。
日常生活でできることは、背筋を伸ばし、体幹や臀部(お尻)を意識して締めることを始めました。

すると、体幹軸を意識した回転で投げることができるようになり、5メートルも大幅に自己ベストを更新した記録があります。
その姿勢とスポーツの関係について、探ってみたいと思います。

Qitano先生の学生時代やり投げ

Qitano先生の学生時代やり投げ

トップアスリートに姿勢の悪い人はいない

では、姿勢の良さは、なぜ運動能力に不可欠なのか?
以前の記事「骨盤底筋の体操「おしりの穴を締める」は3つの健康美容の効果あり!」で説明したように、お尻を締める→姿勢を良くすることで骨盤底筋群が鍛えられ、骨盤が正しい位置に収まります。

さらには、骨盤の中や上にある内臓も元気になりますし、血行も促進され、肩こりや腰痛の改善も期待できます。
実は、スポーツが上達するカギも、この「姿勢の良さ」にあります。
どんな競技であれ、トップアスリートと呼ばれる人たちは、大抵姿勢が良いものです。
活躍しているプロスポーツ選手の姿を思い出してみてください。
猫背の人は思い浮かばないと思います。
例えば、メジャーリーガーのイチローを見ても、すっとした立ち姿はなんともかっこいいですよね。

姿勢の良い野球選手

イチロー選手

50歳近くまでメジャーで活躍できるのホント信じられません。
姿勢も意識されていると聞いたことがあります。
最大限のパワーを発揮するために、バランスの取れたパワーポジションを作っていなければなりません。
どのような判断をするときでも、自分の重心を把握できる均整の取れた姿勢が大事なのです。

また高校3年でプロデビューを果たした宮里藍さんは当初、ドタドタとした歩き方をしていて、ゴルフ場で彼女を見るたびに、「あまり姿勢が良くないなぁ」と感じたものでした。
それがある時から「あ、姿勢が良くなったな」と感じさせる、安定感のある綺麗な歩き方に変わりました。
それは、宮里さんが次々と優勝果たし、ニューヒロインとして注目を集めた時期と重なっています。

姿勢の良いプロゴルファー

宮里 藍 選手

姿勢の良し悪しが、アスリートの力量につながる

スポーツの種類によって、求められる「正しい姿勢」は微妙に異なりますが、総じてアスリートと呼ばれる人たちは、端から見たときにきれいだなかっこいいなと感じさせる姿勢でいます。
左右の体のバランスが良く、安定感があります。
私自身、スポーツトレーナーとして、日本代表女子陸上選手のほか、プロゴルファーや甲子園球児などの体のケアをお手伝いしていますが、必ず「姿勢を正しく、もっとお尻を締めることを意識してください」と伝えています。
なぜなら、姿勢の良し悪しで、持てる力を発揮できるかどうかが決まってしまうからです。
良い姿勢を保つことにより、筋肉を無駄なくつけられます。
また、その筋肉を効率的に動かしていくこともできるようになるからです
これは、技術を高めていく上でも欠かせません。
また、怪我を防止する意味でも重要です。
さらに、姿勢が良いと、血液の循環も良くなり、疲れにくい体になると言うメリットもあります。
一般の人にとっても疲れにくいと言うのは大事な要素です。

もしも疲れやだるさを感じやすいと言う人は、ラジオ体操の内容のストレッチで結構です。
できれば毎日、一通り行ってみてください。継続がとても大切です。
関節や筋肉のベースアップができ、疲れ知らずの体になれるはずです。

まとめ:お尻を締めて姿勢を正すことで、体のバランスが整い、最大限のチカラを発揮できる

お尻を締めることで、骨盤がやや前傾に傾き、骨盤が安定します。
腹筋(丹田)にも自然と力が入り、程よいリラックスの状態で最大の瞬発力を発揮することができます。
そのためには、日ごろからお尻を引き締める訓練が必要となり、無意識でもお尻を締めた状態にならなくてはなりません。
お尻が発達すると姿勢が整い、どんな動きにも柔軟にスピード、パワーを発揮することができます。
ぜひ、スランプで悩んでいることがあれば、一つ原点に戻り改善してみてはいかがでしょうか。
きっと新しい道が見えてくることでしょう。

記事のタイトルとURL をコピーする!
SNSやブログで紹介して頂ければ幸いです m(__)m

姿勢の良い野球選手

お役に立つ美容と健康記事。フォロー、シェアーお待ちしています♪

ABOUTこの記事をかいた人

LEGOOL(レグール)開発者。 株式会社オスモティックジャパン代表取締役社長。1982年生。順天堂大学スポーツ健康学科卒業後、身体均整法学園入学。2007年「きたの均整院」開院。 ツボや経絡に代表される東洋医学の活用法と、西洋医学の神経系の分布に基づいた運動学、オステオパシーの手技を取得し、ボディーデザイナーの称号を得る。また現在注目のオスモティックセラピーを独自で開発し、ミラノコレクションモデル、日本代表アスリートからの支持を得ている。